2009年05月26日

巨匠を拝む

昨日はプラスワンで、西原理恵子さんのイベント
『人生画力対決』に行ってきましたよ。

今回のお相手は藤子不二雄A先生と国友やすゆき先生。

どーだい羨ましいだろう!
藤子さんがあの階段から現れたときすげー鳥肌ちました!
そんで西原さんの為に描いて来たハットリ君を見たとき
なんか泣きそうになった。

しかも今回は写真撮ってもOKだったんだぜ!
休憩中が作品撮影タイムになったんだぜ!

…でも私の鞄の中にカメラは入ってなかったんだぜ…。
写メはねー、カメラ付いてないからねー。
もう俺のバーカ!バーカ!!

でもしっかり焼き付けて来ましたよ!
アビコさんの色紙に描く怪物くんも
モニターに映ったライフペイントされた喪黒福造(帽子から描いていた)も
お題で出たゴルゴ(似てないがありがたい)も石川遼(劇画調)も
トキワ荘の面々(アビコさん本人は完全にのび太だ)も!
西原さんの作品は全体的に可愛らしい。
でもゴルゴは西原さんの方が似ていた。

75歳の先生はそらもう元気。
19時にイベント出て、終わって20時半には飲み屋(今回は六本木)
に移動、明日は大好きなゴルフに出かける。
一晩呑んで早朝ゴルフなんてことを月に数回未だにやってるらしい。
「先生の無茶に周りはドキドキしっぱなしなんですよ!」
と西原さん。「これだけ日本中の人から愛されてる人も居ません」
トキワ荘のメンバーは誰が欠けても日本中が(もしかしたら世界中が)
寂しがるもんね。

ゴルフと女性(性的な意味ではない)とお酒、
パーティ(人が集まる場所 という意味)
そして宮沢りえ(アビちゃんと呼ばれている)が
大好きな先生。なんだろう見てるだけでこっちの顏が
にっこにこしてしまうんだよなー。不思議な感覚だったなー。
(でも話がちょい長くなる)



2人目、国友やすゆきさん。
私知らないんですけど、エロス絡みの漫画を描かれる方らしいです。
特命係長的な。特命係長描いている方と、ドラゴン桜描いてる方と
国友先生の三人を西原さんは「寝違え三人衆」と呼んでいるようです。
キャラクターが不自然に右向きもしくは左向きのシーンが多すぎると。
それに対して「正面顔って難しいよね」と正直すぎるお答え。
「俺もずっと気にしてたんだよ…」あー、云っちゃった認めちゃった。

国友さんは白髪まじりのシュっとした印象の顏の濃いおじさま
と云った感じ。西原さんとの話のやり取りはとてもテンポがあって
面白かった。この時のお題は「009」「国会議事堂」「叶姉妹」
「やる気まんまんのオットセイ」「クレヨンしんちゃん」
「ピカちゅう」「サザエさん」。
最後に行くに従ってドンドンひどくなる国友さん。
サザエさんに至っては2人よりお客さんがチラシの裏に
描いたのの方が上手かったくらい。独自の路線に来過ぎだぜ。
「叶姉妹ってどんな感じだっけ?」という国友さんに
「いつも国友さんが描いてる『やられ女』と『させ女』を
描いておけば大丈夫じゃないですか?」と西原さん。
全体的に酷い会話だなぁ。

最後は遊びに来ていた岩井志麻子さんもちょっと出て来た。
お色気ムンムンと云う言葉はこの人の為にあるのかなぁ
とか思った。

いやー、面白いイベントでした。
西原さんは本当に喋りが楽しいよなー。
編集の方もいい雰囲気で、西原さんのやや毒を
中和する作用があるような、いいコンビネーション。


次は6月6日。ゲストは『ちばてつや先生』『とがしやすたか先生』
だそうです。これもすげーなぁ。

6日は私北海道だわ。



ベテラン、中堅芸人結婚ラッシュかしら。
ホリケンさんの結婚。しかも17歳下って、いいなぁそれ。
アリケンを見ている身としては有田さんがどう反応するか
気になるなぁ。いい人みつけてほしいなぁ。
posted by ミキ ワカコ at 23:51| レポ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。