2009年07月26日

第二回漫画家大喜利@阿佐ヶ谷ロフト

漫画家大喜利.jpg

去年おおひなたごうさんがダイナマイト関西出場に
向けて開催したギャグ漫画家大喜利が「これは今年もやるべき!」
と思い、再び開催。いやー待ってましたよ!

メンツ は上記のトーナメント表参照。
(結果でちゃってるけど) ハンパなくすげぇ。
うすたさんは去年の覇者だけど、今年は
とり・みきさんが凄かったのですぐ負けちゃいましたね。

写真は特に注意がなかったので。でもよかったのかな。
不安ではありますので、注意が来たら消す方向で。
the小心者。

漫画家大喜利2.jpg
決勝はしりあがりさんととり・みきさん。
平仮名だらけ。この2人は同期だそうですよ。

私が見ていたのはなんと最前ど真ん中。
すっごく悩んでる顏、一点みつめで考える顏、
ひらめいた顏など色々な方の色々な顏が見れて
いいなーおもろいなーと思いました。

そして接戦を終えて優勝したのは
漫画家大喜利4.jpg
とり・みきさん。

漫画家大喜利7.jpg
優勝者からは世に一枚しかないタオルが
審査委員長の寺田克也さんから贈呈されます。
どこまで豪華なイベントなんだ!!

漫画家大喜利5.jpg
しりあがりさんにはベスト回答賞が送られました。

漫画家大喜利3.jpg
左から、いしかわじゅんさん、辛酸なめこさん、うすた京介さん
喜国雅彦さん。喜国さんはこの風貌で50代。若い。
そして見切れている黄色の人はピョコタンさん。
見事な噛ませ犬っぷりを演じていました。
「今日はドラクエのすれ違い通信で20人の人と
既にすれ違ってますから!」こんな楽しみ方も!
流石文系のイベント。

漫画家大喜利9.jpg
最後に主催おおひなたさんからご挨拶。
優勝者が決まったときは感激したそうで、
この挨拶の時にも時折涙声になっていました。
すごいイベントでした!

おおひなたさんは流石に大喜利でも
解説席でも慣れた様子でした。
お母さんの検索用語でショックを受けたお題は
面白かったなー。
でもやはりとり・みきさんは凄かった!
コンスタントに回答を出しているのもそうだけど、
点数が取れない回答も時には「え〜?」という
お客からの不満の声が上がったりしましたからね。

そしてみなさん流石漫画家、イラスト付きの
回答が8割、そしてすげー早い!生絵があんなに
近くで見れて幸せでした。
しりあがりさんのチョビヒゲでハゲのチョケてる
オヤジのイラストが見れたときはもう!もう!
とり・みきさんのおばさんの団体の
イラストはもれなく『遠くへ行きたい』のそれだし、
いしかわじゅんさんも早く描いても
やはりいしかわじゅんなんだんよなー。
だから、平仮名多いって。

今回はバーカウンターを解放してスクリーンに
映して観戦という超激満員。このメンツだから
そりゃそうか。
来年も夏にやるそうです。行けたらいいなぁ。



せきしろさんや山ちゃん関連のイベントでよく見る
元ハガキ職人、現構成作家さんをやっている
業務用菩薩さんとお話しましたよ。(私が勝手に話しかけた)
最近色々なイベントで見るんだもん、
結局何やってる人なのかな、と思って。

言語遊戯王人気過ぎ、絶対行けない。
オードリー効果(多分)が凄すぎる。ライス見たかったな。
去年まさにキングオブコント当日の早朝にやってた
落合記念館のバッファ木村さんVSオードリー若林さんの決勝戦
が懐かしい。もちろん勝ったのは木村さん。
これでキングオブコントでの勢いがついていたのなら嬉しい話ですね。

言語遊戯王は「召還獣」がないんですよね
なんて話もしましたが、確かに、これちょっと寂しいルール。

でもあそこは『城東のテル』が出るには
ちょっと広すぎるとも思います。

posted by ミキ ワカコ at 22:21| レポ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。