2007年09月20日

野音キリンジ

連休最終日は野音でキリンジ。 キリンジライブは2003年の
武道館以来です。(兄のステラボールは行きましたが)
東京でやるキリンジは雨が多く、酷い時は台風直撃したこともある
なんとも運のない兄弟。今回は晴れのような曇りのような、
夏の蒸し暑さもありつつ、時折涼やかな風が会場をかけぬけます。
いやいやいや、楽しかったです。
(本当に「いやいやいや」って言うんだなぁ、泰行さん)

『YOU&ME』始まり、続いてなつかしやの
『ざくろ』と『汗じみ』。 まさかざくろが聴けるとは!
「雨降った時用の曲用意したのにね晴れましたね」
「今なら降ってもいいのに」とMCを挟んで『毛布』
『あの世で罰を受けるほど』。毛布での真城さんのコーラス
よかったにゃ〜。

曲順なんてこの辺からもう分からなくなってるけど、最近から
昔のまで万遍なくなってくれた印象。あと「野外用セットリスト」
ということで『唐変木』やら『ロープーウェイ』やらやってくれたな。
あんなに伸びやかで美しい「こんにちは」を聴いた事がない!

個人的に好きな曲もやってくれて嬉しかったです。
『グッディグッバイ』もそうだけど、
『エリアンズ』『サイレン』『冠水橋』のバラード曲が
ホントたまらんかったっす。
特に『冠水橋』は抑揚のある曲だからかな、
ライブで聴くと妙にドラマチックに聞こえる。すごくよかった。
エイリエンズでは「遥か空にボーイング〜」
で頭上にヘリが通り過ぎましたよ。ナイスタイミング。

MCでwowowのカメラが入ってるのに「京都ブラブラしてたら
赤線の跡地を見つけて〜」と話をする兄。「そのことを題材に
して曲かけるじゃん」と弟。どんなMCだ。でもあの
にーちゃんだったらやりそう、かな。

ラストは茜色。ノドごしのいい涙で最後のお別れ出来たら
いいさ〜♪ラストにふさわしい曲だったんですね。CDでは
兄の妙なスキャットが気になってしょうがないから
あまり気づきませんでしたよ…。


posted by ミキ ワカコ at 20:13| レポ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。